kb4452014-07-14

きみに きみに、直ぐにはなそう はれあついとけた

  • 支配からの卒業

窓ガラスは割られないし、バイクも盗まれないし、悲しい歌も聞こえてはこないけれどOh My Little Boyはおっぱいボーイであることから卒業した。そう、息子は卒乳に成功したのである。長時間保育に対する罪悪感、持って生まれた面倒くさがり体質、ありのままの自分になるの!それが一番大事!ともろもろのアレがナニした理由をつけて卒乳に関して目や耳や口を塞ぎ、いつかきっと卒業する日がくるから無理やり離さなくてもね、と卒乳に関して積極的に向き合わずにここまで過ごして参りました。三歳が近付くにつれ、家族、知人などからの「そろそろ、卒にゅ…」圧力もいよいよ強くなってきた七月。時は、きた!のである。

続きを読む

ある日の息子

祈ろう祈ろう 全部捨てちまいな 金も靴もピカピカのギターも、はれ

  • いいにいさん、になるとよい!

1123(いいにいさん)の日に息子が2歳を迎えた。働くチチ、ハハが終日かけて息子の誕生を盛大に祝えるようにと祝日狙いで誕生した息子。生まれながらにしての孝行者。すでにいいにいさんの片鱗が。そんな息子が誕生した二年前。チチとハハの結婚記念日でもある1122(いいふうふ)の朝からイキみ出し「このままいけばダブル記念日ね。うふっ。」などと浮かれポンチな発言をしたハハ。出産なめてた。正直、そういうところあった。「自分、マジ余裕でぽろっと産み落としますし!!!」ぐらいのなめ腐った態度で挑んだ出産。そんなハハは「腹を切ってくれー!いますぐー!!テニスボールで尻をーーーー!!ぎいいいいいいい!!!」との発言を繰り返し、助産婦さんに「はいはい、お母さんはそんなこと言わないの。赤ちゃんがんばってるよ?ほらまだまだ!」と窘められていた。なめた態度のハハに戒めをとばかりに37時間腹の中で粘った息子。途中、長時間イキみ続けるハハを尻目に、二人のお母さんがぽろっ、ぽろっと赤ちゃんを産み落としていった分娩室。「やっぱりぽろっと産めるじゃないかあああっ!」と途切れる意識の中で叫んだ分娩室。そんなハハは23日夕刻になりようやっと息子との対面を果たす。感動よりも「やっと…!!やっと出てきた!!ヒョオオオオオオオオ!!」という解放&爽快感がまさり担当医とハイタッチかまあした分娩室。そんな分娩室の窓から見た夕焼け空はいままでみたどの夕焼け空よりも赤かった、二年前の1123。




そんな耐久37時間出産から一年経ち、息子もつかまり立ちを始めた昨年の誕生日。ハハの育休明け日であり、息子の保育室生活の始まりであるところの是即ち「無菌状態からの旅立ちの日」でもあった。一つ成長した息子は「これが社会の洗礼ぞ」とばかりにありとあらゆる菌に侵され続けた。下がらない熱。止まらない下痢、咳、鼻水。終わりの見えない小児科通い。復職したものの出社すら満足にできない日々。「幼い息子をこんなに苦しませ、職場にも迷惑かけ、こんな思いをしてまで働く意味が本当にあるのだろうか?」と負のループにがっちりホールドされたハハ。メンタルの弱さは肉体の弱さへと連鎖し、家族みんなで体調崩した昨年の1123。




4月から通いだした保育園生活にもなれ、おしゃべりもお歌も踊りも上手になり、「ぽちゃ(お風呂)いや!」「お着替えいや!」「(保育園)いかない!」「ねんねしない!」と口を開けば「いや!いや!ない!ない!」」ばかり。巷で噂の魔の2歳児の片鱗を見せ始めた今年の1123。息子の体調は…というと、秋のはじめに引いた風邪が治りきれず、垂れるがまま、なびるがままの鼻水でかわいいほっぺががびがびであるところを除けば食欲、元気ともにあり。パワーまんまんの日々を過ごしている。園生活の中では子供同士のいざこざでくっきり歯形をつけて帰ってきた時も泣くことなく「痛いねぇ」の一言で済ませた息子。小さいながらも持てる力目一杯で息子の世界を生きている。この一年でまた少し強くなった。そんな息子の姿を糧にハハも毎日頑張れる、そんな今年の1123。そんな今年の1123に息子がぽろりこぼした「ちいちゃん」という少女の名。園関係ということは察しがつくものの息子のクラスに「ちいちゃん」という名の子はいない。誰…だ?他のクラス…なの?未だ謎の少女である「ちいちゃん」。「ちいちゃん」の存在がハハ最大の関心になった今年の1123。

団子を作る息子

おさえきれぬ ぼくのきもち、はれ 十五夜

  • ハハ方の遺伝、強め

昨日、息子のお迎えに行くと園玄関に「写真飾りました☆」とのメッセージあり。ほほう、本日は如何様な写真かいな?とわくわく顔で廊下に掲示してある写真を見るや否や我が眼に飛び込む愛息の顔は…なんというか…なんというかすごく…すごく…すごくぶちゃいく可愛い!!!!くぅ〜っ、なんていい表情!!よくもまあ、タイミングよくこんな表情できたよぉ!!ててて天才!!!いやあ、本当にね!息子、天才!写真はお友達と一緒にお月見団子を作成中の一枚。息子、団子作りに集中し過ぎて力んでいる。力みすぎちゃってぶちゃってなっちゃてる。それがまあなんとも言えずで、気づいたら「ぶちゃ可愛い!!」と声出ていたね。うむ。一緒に写っているお友達は"(*≧∀≦*)"こんな感じの満面の笑み。素敵ショット。で、我が愛息はというと…力みぶちゃ。「ハハ見たことないよ!そんな顔!!!」なぶちゃカワショット。お友達との対比でさらにぶちゃ度上昇してる。か、かわええ!!で、手元見ると力んでいるわりに作ってる団子ちっさい。明らかに無駄に力みすぎ。そんな無駄加減がぶちゃ度をさらに上げている。か、かわえええええええ!!!!ハハ大興奮で息子ぶちゃフォルダにすぐさまメモリー。家庭でのショットにも、たまにものすごくぶちゃ可愛い!ものがあるが園でのショットに比べると…むむ。園でのショット八割がぶちゃ可愛い息子…むむむ。クヤシイくらいにぶちゃ可愛い。むむう。そんなぶちゃカワ息子ショットを量産する先生の撮影センスに嫉妬した十五夜の朝。

ユメで見たあの場所に立つ日まで 削れて減りながら進む あくまでも、 はれ

  • 9月14日(土)

我が心のうんぬんであるところのかんぬん、是即ちスピッツの約16年ぶりに開催された野外ライヴに行って参りました!息子を腹に抱えて参った「とげまリーナ」以来約2年ぶりのスピッツライヴ!出産後開催されたおファンクラブツアーもチケットが手に入ったもののおっぱいボーイの息子を置いては行けず…、かといって連れても行けず…、泣きに泣いてあきらめたのが去年の4月。短いようで長い月日を経て迎えた横浜サンセット!行って参りましたよ!!きゃひーっ!!!横浜サンセットものすごい楽しかった!本当に楽しかった!そしてすごく「健康」であった!演奏も演者もなんかすごく「健康」で「楽しい」ライヴであった!!!!スピッツ大好きだ!!!!!


以下、メメントメモンヌフ

続きを読む

我が心の云々かんぬんであるところのスピッツの新譜がでましたよ!でましたよ!でーーーまーーーしーーーたーーーよーーーーー!!!! 差し当たっては"潮騒ちゃん""エンドロールには早すぎる"、先行シングル"さらさら"にぐぎゅうううとハート鷲掴まれました!!さあて、聴き込みますか!うひゃ!

ヘアカッツ息子


エンドロールには早すぎる 潮のにおいがこんなにも はれ!

  • 週末あれや、これや
    • 土ようび。


毎度お馴染み素敵スタイリスト・ウメザワさんに2013年サマー仕様であったマイヘアーを2013年オータム仕様に素敵にカッツしていただく。今回はクールさを前面に押し出したベリーショートスタイル。うむ。なかなかカッコイイ。否、かなりカッコイイ。ここまで短くしたのは初めて…だと思う。頭部下半分刈り上げ(ちなみにウメザワ式刈り上げはバリカンではなく鋏仕上げ。手間かけていただいてます。)、トップはちょい長め。それは潔い刈り上げスタイル。しいてゆうならばコボちゃんコボちゃん的クール刈り上げスタイル。無論、満足ぷくぷくである!コボカッコイイぜ!



ハハが満足ぷくぷくになる様を(外遊びにでかけたりおやつをたべたりりんごジュースをのんだりしながら)見守っていてくれた息子。仕上げが終わりすっかり満足ぷくぷくのハハが軽い気持ちで「35ちゃんもウメザワさんにきれいにしてもらう?うふふ?」と問いかけると「母さん、その言葉待ってましたよ!」といわんばかりの満面の笑みでもって「うん!」との頷きひとつ。35ちゃん、元気なお返事できるのね。こういうときは特に…。と、また一つ、息子の成長を目の当たりにしたハハなのであった。そして素敵スタイリスト・ウメザワさんの手にかかったザンギリヘアーを常とする息子(おとなしく切らせはしないだろうのハハの読みによっていつもは寝ているすきにカットしていたので)はハハに負けないくらいの素敵ヘアーに仕上がった。ハハ子で満足ぷくぷく、ぷく。

    • 日ようび。


日ようび。お友達にオムツを届けに行く。お友達とは二年ぶりの再会。お友達に会った二年前の夏、腹の中に抱えていた息子。その息子がえっちらえっちら走れるようになり、お歌も歌えるようになり、大人と同じ食事もとれるようになった。それがわたしの二年。そしてお友達の二年は…と、いうと。東の生活に慣れ始め、息子誕生からほぼ一年違いで女の子を出産。そして現在そのお嬢はおっちん(!)ができるようになり、離乳食も二回食になり、おしゃべりも上手になってきた。それがお友達の二年。お互いに二年の間に新しい家族が増えた。今回の再会は短い時間ではあったけど、お互いに新しい家族を紹介しあえる嬉しいひと時であった。画面を通じて拝見するよりも数億万倍かわいらしい生ドムさんに我が頬はにやっけぱなし!生ドムさんふわふわ〜!息子はわりとずしっとしていたのでドムさんのやわふわ感にびっくり。女の子と男の子ってちっさな頃から骨格からおにくの感触から違うのだね。うむ。そんなこんなで今回、お友達との再会が果たされたのも我がうっかりに起因する。そのうっかりは以下に。

続きを読む

見切れ息子

おとなになんかならないで ぼくのべいべ ぼくのべいべ ひみつのままでかがやいて、くもったりはれたり

  • Oh!Yah!BA-CCA!!

今夏、息子の成長は著しかった。それはそれはものすんごい速さであった。目を見張る、どころか目にもとまらぬ速さであった。超速。0~1歳時は「そろそろ寝返るか?!」やら「おお、あと少しでズリハイか?!」やら「おほっ!今日はひと匙分多く食べれた!」やら「あと少しでたっちが完成か…?!」やらやらと成長過程が目に見えていたのでハハも覚悟をもって成長を受け入れることができた。が、今夏は違う。違うのだ。昨日まではそんな素振りを一切みせていなかったのに、一晩寝て起きたら「35ちゃんのぉ~、35ちゃんのぉ~」と自分の名前を!自分で呼びながら!!自分のお気に入りのぬいぐるみ持って!!!布団の上を転がっているのだよ!!!!アンビリーバボ!!!!!前日までは己の名すら呼んでなかったのに。それなのに翌日には己の名を己で発し、さらに己の所有物であることを明らかにしているのだよ…!オーマイガッ!しかも、しかもだよ諸君!その「35ちゃんのぉ~」の言い方がこれがもうファビュラスマックスに可愛いのだよ!!!!居たね…天使。うん、いたよね天使…!!で、まあ何が一番いいたいかっていうとこれなんだよね。結局はこれ。「息子☆天使」ということなんだよね☆Oh!Yah!BA-CCA!